広告主・広告代理店・制作会社の方へ各部門について

ホーム > 作品応募について > 各部門について

メディアミックス

テレビ・新聞・ラジオ・雑誌・デジタルメディアの各媒体それぞれの価値向上をめざし、上記5媒体のうち3 媒体以上を用いたメディアミックス広告を対象とします。
その応募条件は、フジサンケイグループ及び関西テレビが保有するテレビ・新聞・ラジオ・雑誌・デジタルメディアに1媒体以上の出稿があれば残り2媒体の出稿がグループ以外でも応募可能とします。それぞれの媒体特性を活かした総合的な広告展開により最も広告効果を上げた作品を、本広告大賞の最高の賞であるグランプリとして表彰します。

グランプリ1点 賞牌・賞金200万円/優秀賞3点 賞牌・賞金100万円
【審査委員】

広告界・学識者の中から選ばれた専門審査委員会が作品について審査・選考にあたります。

審査対象

【メディアミックス】
  • 2017年1月1日~12月31日の間にテレビ、新聞、ラジオ、雑誌、デジタルメディアのうち3媒体以上を用い、各媒体に放送・掲載されたメディアミックス広告を対象とします。ただし、フジサンケイグループ及び関西テレビが保有するテレビ、新聞、ラジオ、雑誌、デジタルメディアに1媒体以上の出稿があることとします。
  • デジタルメディアに関してはPCサイト、モバイルサイト、スマートフォンコンテンツ等で展開した広告に加え、そこからリンクされるキャンペーンサイトを審査対象とします。
  • 商品、テーマ、キャンペーンが同一の広告を対象とします。
  • 応募基準・方法につきましては、応募基準・方法ページをご参照ください。

※「フジサンケイグループ広告大賞」事務局審査により審査対象作品を決定させていただく場合があります。

媒体別

※第47回からメディア部門のテレビ媒体とラジオ媒体の応募条件が一部変更となっています。

本広告大賞のテーマである広告の「総合性」「創造性」「大衆性」それぞれに焦点があたるよう、テレビ・新聞・ラジオ・雑誌各媒体の独自性を最大限活用したものを対象としています。
視点を異にする《広告主》《クリエイター》《一般消費者》からなる各審査委員会において優秀作品を選考します。

メディア部門

媒体特性を活かした広告を評価します。

◆テレビ媒体 「60秒以上部門」・「60秒未満部門」

最優秀賞(各1点)
賞牌・賞金100万円
優秀賞(各1点)
賞牌・賞金50万円
【審査委員】

広告主から選出された審査委員会が審査・選考にあたります。
※同作品において60秒以上部門・未満部門への同時応募は出来ません。

◆ラジオ媒体 「40秒以上部門」・「40秒未満部門」

最優秀賞(各1点)
賞牌・賞金100万円
優秀賞(各1点)
賞牌・賞金50万円
【審査委員】

広告主から選出された審査委員会が審査・選考にあたります。
※同作品において40秒以上部門・未満部門への同時応募は出来ません。

◆新聞・雑誌媒体

最優秀賞(媒体別に各1点)
賞牌・賞金100万円
優秀賞(媒体別に各2点)
賞牌・賞金50万円
【審査委員】

広告主から選出された審査委員会が審査・選考にあたります。

クリエイティブ部門

広告における表現、創造性を評価します。

優秀賞(媒体別に各1点)
賞牌・賞金50万円
【審査委員】

様々なメディアで活躍しているクリエイターからなる審査委員会が審査・選考にあたります。

パブリック部門

広告が消費者に支持されているかを評価します。

優秀賞(媒体別に各1点)
賞牌・賞金50万円
【審査委員】

フジサンケイグループ各媒体の公募で選出された一般審査員が審査・選考にあたります。

審査対象

【媒体別】
  • 2017年1月1日〜12月31日の間にフジサンケイグループ及び関西テレビのテレビ、新聞、ラジオ、雑誌の
    各媒体に放送あるいは掲載された広告を対象とします。
  • 応募基準・方法につきましては、応募基準・方法ページをご参照ください。
※「フジサンケイグループ広告大賞」事務局審査により審査対象作品を決定させていただく場合があります。
Back to Page Top